ワタナベエデュケーショングループ
100人いたら100通りの「プロデュース」

エンターテイメント業界で50年以上の歴史を持つ芸能プロダクション「ワタナベエンターテインメント」が運営する教育機関、「ワタナベエデュケーショングループ」は、「芸能界で活躍するためのノウハウ」を凝縮したスクールです。
「100人いたら100通りのプロデュース」を教育テーマとして、才能のある人のみが活躍したり、優秀者だけ生き残る芸能学校や養成所とは異なり、当スクールでは、技術はもちろん、マナー/モラル、そして現場で重要視される「セルフプロデュース能力」 や「コミュニケーション能力」などを、誰もが最大限に自分を高められるプログラムを用意し、様々な角度から個性や可能性を 見極めて、芸能界にマッチングするよう一人ひとりをプロデュースしています。
自分が諦めない限りホンモノのプロにきっとなれる。ワタナベエンターテインメント直結だからこそできる豊富なチャンスで「夢実現 No.1」を目指しています。

株式会社ワタナベエンターテインメント/系列芸能プロダクションほか
ワタナベエデュケーショングループ
理事長メッセージ PHOTO

ワタナベエデュケーショングループは、エンターテイメントを単なるビジネスとして捉えるのではなく、人々に夢や希望すなわち生きることの素晴らしさを教えてくれる、人間にとってなくてはならないものと考えます。それ故に、この素晴らしいエンターテイメントを創造するためには専門技術だけでなく、コミュニケーション能力やセルフプロデュース能力、そしてフレキシブルな対応力など、さまざまな能力が必要であると考えます。

そこで、ワタナベエデュケーショングループでは、専門的なエンターテイメントのレッスンを通じて、自分の個性を客観視でき、マネージメントできるセルフプロデュース能力や、自己主張の理解を得るためのコミュニケーション能力の育成に力を入れています。

自分のなりたいものが見つけられない若者が多い中、夢を持てることは素晴らしいことだと思います。その夢に対して早期から取り組める環境をつくることは、夢実現に向けてのサポートだけではなく、人間形成においても大きく寄与できると考えています。このようにワタナベエデュケーショングループは、エンターテイメントの本質の理解を深め、自分自身に誠実で、作品と作品を共に作る仲間を大切にし、人間として価値のある生き方を追求する人材の育成を目的としています。

ワタナベエデュケーショングループ理事長 渡辺 ミキ

所属タレント/出身タレント PHOTO PHOTO
ワタナベエンターテインメントとは?
ワタナベエンターテインメント

人生にストレートな感動を、生きる勇気を。

ワタナベエンターテインメント(WE)は芸能界のパイオニアである渡辺プロダクションの「独創性とクリエイティブの限界に挑戦する」というベンチャースピリットを継承しながら、メディアの多様化する21世紀の中で次世代を担っていく総合エンターテイメント企業として2000年に誕生しました。
アーティストマネジメントからTV・映画・舞台・ライブの企画制作、ライブハウスの経営やデジタルコンテンツ・書籍のプロデュースまで「未来につながる文化への貢献」を目標に、良質なエンターテイメントの提供を目指す組織の中核として存在しています。
「エンターテイメントとは抱えきれない夢・自分自身を実現させるための旅・生きることの意味を教えてくれる扉である」という考えのもと、ワタナベエンターテインメントは走り続けています。


ワタナベエンターテインメント公式サイトへ
ワタナベエンターテイメントカレッジ
ワタナベエンターテイメントスクール
ワタナベコメディスクール
ワタナベエンターテイメントスクール(KIDS)